ETCカードを使える条件

ETCカードで注意すること

ETCカードを使うにはなにか条件があるのでしょうか?必要な物などを調べてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ETCカードを使える条件

ETCカードを使って高速道路の料金所を、一旦停止する事なくスムーズに進むにはETCカードの他に車載器が必要になります。

ETCカードと一緒に使う車載器は、大型量販店や自動車用品専門店から購入できますが、車載器がない場合でも、ETCカードを使って高速道路の利用料金を支払う事は可能です。

ただしこの場合はETCレーンではなく、一般レーンを利用し料金所でETCカードで決済するという方法になります。

ETCゲードを使って、料金所を一旦停止する事なく進むためには、車載器が必要です。

普段は自分の車に車載器とETCカードがある場合は、そのまま利用すればETCレーンを利用してスムーズに料金所を通過できます。

人の車を運転するような場合は車載器がなくても、ETCカードがあればカードの持ち主が高速道路の利用料金をETCカードで支払う事ができますが、この場合は一般レーンでの決済となるのです。

ETCカードがあってもなくても、高速道路の利用料金は同じですが、ETC割引がある場合は、指定された時間に高速道路を利用すれば、通常料金よりも安く利用する事ができます。

ただしETC割引が適用になるのは、車載器のある車でETCレーンに進み、ETCゲートを通過しなければいけません。

ETCカードを作るのが面倒だったり、車載器を取付けセットアップしたりするのも面倒な場合は、現金かクレジットカード決済もできますが割引になるのは、ETCカードと車載器がある場合に限られます。

つまり高速道路の利用頻度が高い人は、ETCカードと車載器を利用したほうがお得という事です。

おすすめリンク…>http://www.honjonet.net/etc/